兼本先生(兼本浩祐氏 愛知医大 精神科教授)をお招きした健康セミナー2018を開催します。

少人数で精神科ユーザー等が教授とお話し、質疑応答しながら、

病気、障がいを理解するための貴重な会です。

愛知県・名古屋の精神障害者(統合失調症、双極性障害、うつ病、感情障害)、発達障害者(ADHD等、自閉症スペクトラム)の当事者・家族・関係者にお知らせしたいです。

兼本先生は、てんかんの世界的な権威である先生で、てんかんの当事者会・自助会ともお付き合いがあったそうです。

雇もれびの会にはてんかんの方は少ないですが、

精神障害者、精神疾患、精神科ユーザーが、主治医以外の、ドクターと話す貴重な機会です。

精神科教授として非常にご多忙な中、雇もれびの会のために、

セミナー講師としてご参加いただけることに、非常に感謝しています。

この機会に、ぜひ障がいにお悩みの事を愛知医大 精神科教授・兼本先生と

お話しして理解を深めていきましょう。

 

会場は西区にあるコミュニティカフェかかぽで、

2018年5月19日 2-4時

定員20名。

参加費3000円。

当事者の方、家族の方、支援者の方、いずれも歓迎します。

精神障害者の服薬するお薬についてのお話を中心に、

少人数で質疑応答の時間をたっぷりとったセミナーにします。

 

PDF版健康セミナーH300204

昨年の模様を以下に再掲します。

 

 

平成29年(2017年)9月24日精神科教授による健康セミナーは57名の来場者にお集まりいただき、大盛況のうちに終わることができました。
当日は、当事者発表が二名。SとKさん。
Sからは、主催者としてのご挨拶、支援者主催のセミナーがこれまで多かったが、今回は当事者会主催のセミナーで、当事者会が力を付けてきた証だと思います。こうした当事者活動に医療から期待するものを聞きたい。
Kさんからは、当事者会で救われた。ピア活という当事者会の連合会的な集まりを作っている。12月10日に千種区のルブラ王山というホテルでピア活あいち2017in名古屋というイベントを企画している。うつ病と双極性障害(そううつ病)の誤診で、苦しんだ。なぜ誤診はおこるのか?聞きたい。
という当事者発表をしました。
その後、兼本先生(兼本浩祐氏 愛知医大 精神科教授)のセミナーです。当事者発表に答え、事前の質問集に答え、会場からの質疑応答を進めていきました。
教授のセミナーの内容は後日アップします。
最後に主催の雇もれびの会と協力のピア活あいちの各当事者会の紹介をして終わりの挨拶と代えさせていただきました。
57名の参加者にお配りしたアンケートは、37名分回収できました。アンケートの集計結果も別途アップします。
運営スタッフはほぼ全員が当事者で12名。ご協力ありがとうございました。
ただ一人支援者として加わって頂いたT先生ありがとうございました。
ピア活あいちへの寄付も多大な金額が集まりました。ありがとうございます。
このイベントの収益金の一部はピア活あいちへ寄付する予定です。

◆アンケート結果:2017年9月24日精神科教授による健康セミナー
家族や本人の質問にいろいろな事例を踏まえ適切に答えられていて非常に参考になりました。
大変参考になりました。お世話になりありがとうございました。
兼本先生が一人一人に丁寧に答えて下さって、分かりやすい話で良かった。
大変参考になりました。ありがとうございました。
質疑より病気に対してのセミナーを期待していた。最近ベストセラーになっている新書「発達障害」買う価値ある?統合失調症の分かりやすいおすすめの本があったら教えて欲しい。森田療法は?デイケアも週の回数が減らされて不安です。就労は無理です。就労移行支援も無理です、今まで入院を拒否してきましたが、入院したい。たとえ一週間でも。家にいると寝たきりです。本も読む気がしないし(とても無理)TVもダメ。ラジオを寝ながら聞いているだけ。風呂も入りたくない。なにもしたくない。おっくうです。生活、医療費が困る。生活保護は受けたくない。母親は要介護。2人生活。統合失調症でも働いている人がうらやましい。ここらぼ(愛知県保健センター)へ相談に行った方が良いですか?将来に不安がある。
10月にあります雇もれびの会へ参加できましたらよろしくお願いします。
普段、疑問に思っていることが聞けて良かったです。ありがとうございました。兼本先生も気さくな方ですっと入っていけて気持ちが楽になりそうです。
子供(娘)の病気について理解を深めるとともに将来的に生活をする上での対応についてヒントを得たい。
分かりやすくとてもいい講義でした。参加して良かったです。
幾度も講演会やセミナーに参加してきました。県外からの参加であるので今後のことは予測できませんが可能な限り興味を持っていきたいと思う。
先生の話がとても分かりやすく、かつおもしろく話を聞けて良かったです。
兼本先生のお話を初めて聞きました。とても分かりやすく一般論、自論、経験論と「あー、そうだったのか」ということがあり今後の参考になりました。(他人に迷惑をかけない、その人が幸せか、苦しんでいないか)ありがとうございました。
少し時間が短いのが残念でした。
自己診断の発達障害でいわゆる”コミュ障”です。せっかく就職が決まってもすぐ対人関係がうまくいかず、結果転職の度に自信をなくしていく一方になっています。就労A型に通っても同じ事象の再現にしかならず、今は完全に”大人のひきこもり”になってしまい本日のセミナーに参加するのも多大なエネルギーを必要としました。「大人のひきこもり」「大人の発達障害」は医療・福祉の両面とも日本全体を見ても立ち遅れています。当事者は心底から苦しんでいますので早い発展を望みます。
また兼本先生のお話を伺いたいです。質問集の10から16が抜けたように思いますが、続きがあればと思います。
名古屋市に程近い市の就労B型事業所の支援員です。支援をする上でご本人とご家族の関係、幻聴の種類のこと、お薬のこと等いくつかの大きなヒントをいただきました。ありがとうございました。「その人が幸せかどうか」「他人に迷惑をかけていないか」のお話、とても心に響きました。
思っていたより詳しい話が聞けて良かった。他の方の場合が聞けて良かった。質問したかった人は自分を含めまだまだいたようだし時間が足りないように感じたので、またこのような機会があったらいいと思いました。
屈託のないを話をしていただけて良かったです。
統合失調症の症状の脳の仕組み、薬の効き方など参考になりました。今までの先生のお話はスライドなど使われたり、事前に用意された原稿の棒読みなど暗いお話でしたが、前向きなお話で、ためになりました。ありがとうございました。
とても分かりやすいセミナーでした。もっともっとお話が聞きたかったです。
質問ができる時間がもう少し欲しかったです。
質問集の話を最後まで聞きたかった。教授の話分かりやすかったです。
大変貴重なお話が聞けました。参加できて良かったです。
精神疾患は長期に渡り治療を要するので周囲の継続したサポートが必要ということを常々感じております。当事者の方々の抱える悩みは共通していることも多く、また解決が難しいこともあり共有することで力になれればと思いました。訪問看護師をしている身なのでたいへん勉強になりました。また参加させて頂きたいと思います。ありがとうございました。